水素水は1日2回に分けて飲むようにすると効果的

水素水は1日2回に分けて飲むようにすると効果的

水素水を飲むことで体の中の活性酸素を除去することで、癌や成人病の病気予防や老化を防ぐ効果が期待できると言われています。

 

病気の予防や美容などの効果が得られるための水素水の飲み方とは?

 

人間に対する臨床試験の研究報告によると、
水素含有量が1ppm前後の高濃度水素水を1日500mLずつ数か月間にわたり飲み続けた場合に効果が確認されたという報告が多くみられます。

 

濃度の異なる水素水で比較した場合、0.1ppm〜0.2ppm程度では効果が見られず、0.8ppmかそれ以上の濃度であれば有意な差が認められたという報告があります。

 

ヒトに対する効果については研究の途上ですが、医学文献を比較すると1ppm前後の水素を含む水であれば1日あたり500ml前後の量を飲めば何らかの効果が期待できると考えられています。水素濃度が1ppm以上の水で比較した文献もありますが、1ppmでも1.6ppmでも効果に差が認められなかったという報告が複数存在します。このため、1ppm前後の水素濃度であれば何らかの効果が期待できると言えるでしょう。

 

水素水を飲む期間についてですが、2ヶ月かそれ以上の期間にわたり毎日飲み続けた場合に効果が認められたという報告が多く、数日とか1〜2週間では慢性疾患の改善効果が期待できない可能性があります。

 

以上のことから、効果的な水素水の飲み方は1日あたり0.5L程度、濃度は0.8ppmかそれ以上であれば良いということになります。飲み続ける期間は長い方が良く、長期間飲み続けることによって何らかの副作用(悪影響)が起こったという報告はありません。

 

人間は成人であれば1日に2Lの水分を必要とします。このうち0.3L程度は糖分や脂肪を燃焼させた際に発生するので、残りの1.7Lについては水を飲むか食物で摂取する必要があります。夏の暑い時期やアルコール飲料を飲む場合にはより多くの水分を必要とします。食事を通しても水分が得られるので毎日1.7Lの水を飲む必要はありませんが、毎日1L弱程度は水やお茶などを通して水分を摂取しなければなりません。

 

水分摂取量の観点から見ると、成人が1日に500ml程度の水を飲む分には全く問題がありません。

 

1ppmの水素が溶けている水から効率良く水素を吸収するためには、水分を吸収しやすい状態の時に飲むと効果的です。

 

体が水分を吸収しやすい時というのは「喉が渇いた時」です。風呂上りや運動後、食事時などに水を飲みたくなったタイミングで水素水を飲めば良いということです。飲むタイミングによってはトイレが近くなったり、腎臓に負担がかかったりする場合があるので注意が必要です。体に負担がかからないように配慮をする必要があるのです。人間が1度の水分補給で吸収できる水分は250ml〜300mlです。このため一度に500mlを飲むのではなく、1日2回に分けて飲むようにすると効果的です。