水素水のダイエット効果のメカニズムは2つあります

水素水のダイエット効果のメカニズムは2つあります

水素水のダイエット効果のメカニズムは2つあります。

 

1つ目は脂肪を燃焼しやすくするために体質を改善する効果です。人間の体は有酸素運動を行う際に、酵素の働きによって体に蓄えられた脂肪は筋肉などで燃焼しやすくするために分解されて“下処理”が行われます。

 

ところが脂肪を燃焼しやすくするための酵素は活性酸素によって不活性化されてしまい、脂肪を効率良く燃焼する事が出来なくなってしまいます。酵素の働きを弱める活性酸素を除去することで体は有酸素運動の際に脂肪を分解・燃焼させる働きを取り戻すことができ、運動をした時に余分の脂肪を効率良く燃焼させることができるようになるのです。

 

そのため、脂肪を燃焼させる場面で水素を体に取り入れるとダイエット効果が上がるのです。具体的な水素水ダイエットのやり方は、運動の直前や運動最中の水分補給として水素水を飲むことです。運動で筋肉を動かせば多くの活性酸素が発生しますが、水素によって体の中の活性酸素を除去すれば脂肪を分解する酵素の働きが弱まるのを防ぐことができるのです。

 

2つ目のメカニズムは、水素は食物を消化して得られた余分な脂肪やコレステロールを体が吸収するのを防ぐ働きがあります。本来、人間の体には余分の脂肪を蓄えておく機構が備わっています。食物を吸収して得られた脂肪は水溶性の脂肪酸という形で血液によって全身に運ばれます。血中の脂肪酸は転移酵素(CD36)の働きによって水に溶けにくい脂肪に変えられてから、脂肪細胞に取り込まれて貯蔵されます。

 

人が生きるためには常に一定量の脂肪を蓄えておく必要がありますが、不必要な脂肪を蓄えてしまうと肥満の原因になります。

 

最近の研究で、水素は脂肪酸を貯蔵する働きを持つ転移酵素(CD36)の働きを抑制して、不必要な脂肪酸が脂肪細胞に吸収されるのを防ぐ働きがあることが報告されています(Iio A, Ito M, Itoh T, Terazawa R, Fujita Y, Nozawa Y, Ohsawa I, Ohno K, Ito M (2013) Molecular hydrogen attenuates fatty acid uptake and lipid accumulation through downregulating CD36 expression in HepG2 cells. Med Gas Res 3:6.)。血中に含まれる脂肪酸の濃度が上昇するのは食事の後です。このため、食事の際に水素水を飲んで水素を摂取しておくことにより、脂肪細胞が余分な脂肪を蓄積する作用を防ぐことができるのです。このため、食事と一緒にまたは食事の直後に水素水を飲むようにすれば、ダイエット効果が期待できるのです。

 

本来、人間の体で重要な働きを担っている血中コレステロールは活性酸素によって酸化されて成人病の原因となる悪玉コレステロールに変性してしまいます。水素によって活性酸素を除去すれば、悪玉コレステロールが作られるのを防ぐこともできます。
水素水ダイエットのやり方は、運動時に水分補給として飲む方法と、食事(特に脂肪が多くて高カロリーの食品)の際に飲む方法があります。